いつも謙虚さを忘れず、努力する姿勢を持ち続けたい。いつも謙虚さを忘れず、努力する姿勢を持ち続けたい。

西部サービスセンター

オペレーショングループ担当

RINA SUZUKI

鈴木 里奈文化史学科卒:平成26年度入社

仕事の幅が広がっていく充実感がある。

私は主に「受電業務」と「オペレーション業務」という2つの業務を担当しています。受電業務として行っているのは、口座の残高照会やカード・通帳の喪失、住所変更などの電話照会を中心とした、多岐にわたる業務です。また、オペレーション業務で担当しているのが、「イメージ処理」という業務です。営業店で受付した各種新規・解約依頼書の内容を確認しています。こうした幅広い仕事に関わる中で特にやりがいを感じるのは、自分のスキルアップを実感できた時です。自分の仕事の幅を広げることができた時は達成感や充実感を感じることができます。

お客様の期待に応えることがやりがいに。

仕事に取り組む上で私が特に意識しているのは、謙虚さを忘れないことです。「周囲の方々に育てていただいたからこそ今の自分がある」ということを忘れず、常に努力する姿勢を持ち続けたいと思っています。仕事の中ではお客様と直接関わる機会もあるので、気持ちを引き締めて業務に取り組むことが必要です。お客様のご要望をきめ細かくお聞きし、習得した知識を活かしてニーズに応えていきたいと思っています。お客様の期待に応えることができ、感謝の言葉をいただいた時は、もっと頑張ろうという気持ちになります。

知識を存分に活かせる環境が魅力。

私は元々、ひとつのことを集中して正確にこなしていくのが得意なタイプです。就職活動で自己分析を行った際、そうした自分の特性を実感し、営業職よりも事務職に携わりたいと考えました。その中で静銀ビジネスクリエイトに興味を持ったのは、金融事務サービスのプロとして質の高いサービスを提供している点です。当社には、習得した知識をさまざまな場面で活かせる環境があり、一人ひとり違った活躍の場があります。年次や経験を問わず多様な業務経験を積むことができ、やりがいのある仕事に関われることも、当社の大きな魅力です。困ったことがあっても周囲に相談しやすい風土があるので、安心して働くことができます。

チームの中で自分の役割を果たしていく。

今後の目標は、周囲の人たちに良い影響を与えられる人材に成長していくことです。仕事とは一人の力で行うものではなく、周囲の人たちと支え合い、コミュニケーションを取りながら進めていくものだと思います。仕事をする上で私が特に大切だと感じるのは、チームワークと信頼関係です。自分のいるチームの中で求められた役割を果たすことができれば、存在意義を認められるようになります。職場の中で存在感を発揮し、積極的に意見を発信することによって、周囲に良い影響を与えていきたいと思います。

私のオフの過ごし方

友人と旅行に行くのが好きで、国内外を問わずいろいろな場所に出かけています。大学で史学を専攻していたこともあり、いろいろな土地の歴史的建造物を見るのが好きです。特に京都は学生時代を過ごしていたこともあり、有名やお寺や神社はだいたい制覇しました。また、温泉や岩盤浴に行ったりバドミントンで汗を流したりすることも、良いリフレッシュになっています。