達成感の積み重ねを原動力に、自分を一歩ずつ高めていく。達成感の積み重ねを原動力に、自分を一歩ずつ高めていく。

藤枝駅支店

サポート担当

KAHO NAGAHARA

永原 夏帆経済学科卒:2019年度入社

幅広い業務を習得できる充実感

私は静岡銀行営業店にて為替業務を担当しています。主な仕事内容としては、お客様から受け付けた振込の管理やインターネットバンキング等のEB取引の申込手続きをしています。また、混雑時には営業店のロビーにてお客様のご用件を伺い、書類の記入やATM操作のご案内をするフロア業務や、入出金の対応や各種申込書の受付を行う窓口業務も行っています。業務が幅広い分、できることが増えていくことに充実感を感じます。まだまだ成長途中ですが、営業店まで足を運んでくださったお客様に満足いただけるよう、日々心を込めた丁寧な応対を心掛けています。

お客様の期待に応えることがやりがいに

私たちの仕事はお客様と静岡銀行を繋ぐ架け橋であると感じています。営業店には、毎日多くのお客様が来店されます。一見、同じような応対をしているように見えるかもしれませんが、お取引内容によって手続きは様々です。迅速かつ正確に手続きを行うことはもちろんですが、お客様のご要望を把握し、ニーズに合った預金商品を提案したり、営業担当である行員へ繋いだり、お客様一人ひとりに合った応対が出来た時には大きな達成感を感じます。機械化が進む今だからこそ、お客様との触れ合いを大切にしていきたいと強く感じます。

多様なフィールドで活躍できる環境が魅力

当社には、サービスセンターや営業店など活躍できる様々なフィールドがあります。多様な業務経験を積みスキルアップすることで、やりがいのある仕事に関わることができます。また、業務で困った時には専門部署であるサービスセンターへ相談すると適切なアドバイスをもらえ、働く場所は異なっても、ぞれぞれの専門性を活かしお互いに助け合うことができるチームワークの良さも当社の強みの一つであると思います。私自身、営業店で働く中でセンター社員に助けられることが多くあります。私も営業店とセンター、両方の業務経験を積んでいき、どちらのフィールドでも活躍できる人材になることが目標です。

「繋がり」を理解して感じた成長

為替担当になったばかりの頃、営業担当者がお客様から預かってきた伝票の手続きを誤ってしまい、私の代わりに営業担当者が謝罪したということがありました。自分の仕事は誰かの仕事に繋がっているということを痛感し、自分が行った業務がお客様や他の人の業務にどのように関わってくるのかを注意深く考えるきっかけとなりました。この「繋がり」を理解することによって、自分がやるべきことや気をつけるべきことが以前より明確になり、その結果、業務をスムーズに行ったり、先回りして対応できることも増えてきました。失敗も成功も、どのような経験も次への糧に変えられるよう、全力で仕事に取組んでいきたいです。

私のオフの過ごし方

学生時代の友人や会社の同期と会い、おいしいものを食べつつ、悩みを共有し相談しあっています。同期や他の職種の友人に会うことでリフレッシュでき、同時にそれぞれの場で頑張っている様子を聞くことで自分にとって大きな刺激になります。また、長期休暇には家族や友人と旅行に行き、おいしいものと温泉を求めて行ったり、歴史が好きなので歴史的建造物を見に行ったりしています。