「地元静岡に貢献したい」その思いを実現できる職場です。「地元静岡に貢献したい」その思いを実現できる職場です。

静岡銀行 呉服町支店

融資事務担当

TAKAHUMI MINAMI

南 貴文経済学科卒:平成26年度入社

自分の「やるべきこと」を見つめ続ける。

静岡銀行営業店のサポート事務担当として、さまざまな事務サービスを担当しています。具体的な仕事の内容は、お客様からお預かりした書類の処理や店頭のお客様への対応、各種手続きの期日管理などです。銀行業務の最前線に立ち、お客様の安心を支えることに誇りを持って、日々の業務に取り組んでいます。静銀ビジネスクリエイトで働く魅力は、「事務サービスのプロ集団」の中で自分自身を磨けることです。周囲の人たちから良い刺激を受け、常に「やるべきこと」を注視しながら、自分の役割を果たしていきたいと考えています。

お客様にも同僚にも貢献できる人材に。

仕事を通して私がもっともやりがいを感じるのは、お客様と同僚の双方の役に立てた時です。たとえば私の業務の中で、お客様の手続きに必要な書類を作成することがあります。使用する書類の種類や記入内容は手続きによって異なるため、必要な書類をあらかじめ不備なく用意しておくことが必要です。また、お客様や同僚に対して適切なアドバイスをするためには、幅広い知識が求められます。事務サービスのプロとしてそうした役割を果たすことができ、スムーズな手続きができた時は、大きな達成感とやりがいを感じることができます。

社員の熱意に魅力を感じ、入社を決意。

静銀ビジネスクリエイトに入社した理由は、事務サービスを通して地元静岡に貢献したいと思ったからです。大学時代は県外にいましたが、卒業後は地元で働きたいという思いを持っていました。当社は県内金融機関最大手の静岡銀行グループの企業です。「静岡に貢献する」という思いを実現する上で、この上ない環境だと考えました。数回にわたる企業説明会を通して社員の意識の高さや情熱を感じ取り、「この人たちと一緒に仕事がしてみたい」と思ったことも、入社を決めた大きな理由です。その時に感じた会社の印象は、実際に働き始めた今もまったく変わりません。自信を持っておすすめできる会社です。

新人時代の失敗が成長のきっかけに。

今までの経験で印象に残っているのは、新人の頃の失敗です。私が処理をした書類に誤りがあり、それが原因で営業担当者が私の代わりにお客様からお叱りを受けたことがありました。日ごろお客様と直接関わる機会は少ないですが、私たちの仕事は必ず何らかの形でお客様につながっています。その責任を痛感し、仕事に向き合う姿勢を変えるきっかけになったのが、この出来事でした。こうしたさまざまな経験を活かし目指していきたいのは、常に先の状況を見通し、お客様のご要望にいち早く対応できる人材になることです。自分の仕事内容はもちろん、社会や経済の動きにも目を配り、お客様のニーズに先回りして対応することを心がけています。

私のオフの過ごし方

趣味のゴルフの練習をしたり、ドライブに出かけたりしています。休日をしっかりと確保でき、オンとオフの区切りをつけやすいことも当社の魅力のひとつです。また、自己啓発の一環として検定試験にも挑戦しています。自分の仕事に直結したテーマが多く、新しいことを発見しながら興味深く学んでいます。