変化に対応し、仕事を創造していく。変化に対応し、仕事を創造していく。

業務部

SHIGEKI ITO

伊藤 成輝国際経営学科卒:2016年度入社

企画部門としての責任

業務部は当社サービスセンターの業務運営をサポートすることが主な仕事です。銀行から新たな業務委託の打診があった際の受託の可否の判断や既存業務のシステム化等、当社の事務企画に関するあらゆる仕事を行っています。特に最近はシステム化の案件が多く、ITの分野を扱うグループ会社と話し合いを持ち、進めていく案件もありました。当社の事務品質向上が静岡銀行全体に大きな影響を持つため、企画部門として責任をもって取り組んでいます。

社員の人柄に惚れ、入社を決意

就職活動を始めるにあたって地元静岡の金融業界で就職しようと考えており、各社のセミナーに参加しました。ただ静岡県内には様々な種類の金融機関があり、当社が第一志望と思いながらも決定打がなく迷っていました。選考会当日、電車遅延で集合時間に間に合わないというハプニングにより採用担当と1対1で話す機会ができました。それまで当社のセミナーに数回参加していたものの積極的に質問できず、正直あまり興味がないと思われていたと思います。思わぬ機会でしたが話しやすく親近感のある担当者と話すうちに、これまで聞けなかったことを聞くことができ、その担当者と一緒に働きたい、人柄に惚れたと感じたことが最大の決め手です。

自分の考えを発信できる環境

事務と聞くと一人で黙々と、変化のない画一的な業務をずっと繰り返すというイメージがありました。しかし、サービスセンターでは効率化や生産性の向上を掲げ、委員会活動や改善提案など「考える仕事」があることが新鮮に映りました。今の職場はサービスセンターと違い同年代の社員は少ないですが、その分様々な経験を重ねたベテランの上司が多く、安心感があります。金融という業種は保守的で若手の意見は反映されにくい印象が正直ありましたが、自分がわからないなりに導いた答えに対しても、頭ごなしに否定するのではなく、一旦受けとめ軌道修正してくれます。考えたことを遠慮なく発信できる、バックアップしてもらえる、成長の機会がある職場だと感じています。

システム化に携わった経験

一番印象に残っている仕事は、業務部への赴任後に初めて担当したシステム化案件です。当社で受託していた業務の一部システム化が、一部店舗で試行された後、なかなか全店に展開されませんでした。案件の内容が経験のない業務だったため、まずは一から規程や処理手順を学び、正しく理解することに努めました。特に大変だったのは銀行とサービスセンター双方の要望に応えることで、立場が変わればこんなにも考え方が違うということを痛感しました。担当者として、責任を持ってサービスセンターの意見を反映させるために、銀行と何度も会議を重ね詳細を決定していきましたが、経験の少なさから相手を納得させられる言葉が出ず歯がゆさを感じたこともあります。ただ案件に携わってから稼働までに1年以上かけ様々な苦労をした分、実際に取扱が始まったときには大きな達成感がありました。

私のオフの過ごし方

仕事上、デスクワークが多くなりがちなため、休日は体を動かすことを心掛けています。特に最近再開したテニスには力を入れており、県内の試合に参加して腕を磨いています。休日を確実に取れることも当社の魅力であり、週末にしっかりリフレッシュして仕事に向かうことができます。